病院の人 入院忘備録

今日の午後、本人がトイレに行ってる間に。

そ、車いすで、日中は、トイレに連れてもらえるようになりました。

リハビリの先生が来てくれました。

病院の人は、身体的なリハビリと、嚥下機能のリハビリを受けています。

今日、会ったのは、嚥下機能の方の先生。

うがいをさせてくれて、ガーゼで包んだ梅干しを口に入れてくれる。

それをしがんで、口の中の筋肉をほぐし、唾液を出して、少し飲みこむ。

梅干し、大好き!な病院の人の楽しみの時間でもあります。

いつもは、本人がいるので、ゆっくり話も聞けませんが、今日は、聞けました。

ある程度、飲みこめるようには、なってきたと思う。

ただし、固形物を以前のように飲みこめるか?と言うと、かなり難しい。

でも、人間は、口から食べ物を入れて、かんで味わって飲みこんでこそ、満足感が得られるけど。

今のように、胃に直接では、常にイライラするでしょう。

だから、胃瘻の量を調整しながら、ちょっとでも口からペースト状でも、刻み食でも、食べられたらいいなと思う。

食事をすべて口から、というのは、も、無理だと思う。

一生、胃瘻は、必要だと思う。

 

身体的リハビリでも、行くたびに、どれほど自分が歩いたか(歩行器を使って)などと自慢するけど、ベッドから自分では、起き上がれない。

車いすに移乗できない。

ほんの一瞬、つかまり立ちするだけ。

 

しかも、たぶん、歯茎の化膿から進んだあご関節の化膿。

こちらも、なかなか治らず。

体力が落ちていて、抵抗力もないのでしょうね。

まだ、膿が出ている状態。

 

痰の吸引がなくなったので、入れていただける老健にも、なかなか入所できないなと思っていたのですが。

今日の夕方、突然、老健から電話をいただき、週明けの月曜日に入所となりました。

本当によかった。

これで、次のステップへの時間がもらえる。

本人は、老健から自宅に帰れると思っているようですが。

胃瘻がある限り、帰れない!と理解していただかねば。

これが、理解できないのですよ。

同じことを何度も何度も繰り返しても理解してもらえない。

都合が悪いことは、特に理解しようとしないんじゃないか?と思ったり。

 

それでも、精神的に私は、少し楽になれるような気がします。

まもなく、老健の人…になります。

 

病院の人 入院忘備録

今日は、市役所の高齢介護サービス課から面談に来てくれました。

介護認定の見直し。

区分変更申請、と言うらしいです。

今の介護認定の状態よりも悪くなっているので、見直しをしてください、というやつです。

居宅、または、施設でサービスを受ける場合は、かなり影響が出ます。

今回、病院の人は、まもなく老健の人になるので、勧められて申請しました。

電話したときは、1ヶ月以上、面談まで、かかる、と言われたのですが。

たまたま、キャンセルができたのか、10日ほどで、来てくれました。

今までも、入院のたびに申請してきたので、初めてでは、ないのですが。

たぶん、もう自宅に戻ることは、ないと思うので、より上の認定を…という気負いは、ありませんでした。

とはいえ。

胃瘻をしている。

絶飲食状態。

寝返りできない。

車いすに介助なしで移乗できない。

もちろん、トイレにも自分では、いけない。(1日の半分は、おむつ。)

何十年も昔のことは、覚えてるけど、ついさっきのことは、わからない。

などなど。

たぶん、介護度は、上がるでしょう。

福祉制度が面白いのは、老健や特養では、要介護が上の方がいい。

でも、有料老人ホームでは、上になれば、月々の利用費が高くなる。

ということで。

今回は、老健に入れていただくので、見直し申請をした感じ。

 

担当の先生から、ベッドサイドに置いたコップのお茶を、自分で綿棒の親分につけて飲んでもいい、との許可が下りたので、病院の人の精神状態が落ち着きました。 
今度は、おなかが空いただの、なんか、食べさせろだの。
要するに、食にすごい執着があるようです。
ただし、固形物を食べられるようになるか、どうか。
医者的には、嚥下機能が戻るのは、ほぼ不可能らしいですが。
執念で食べるかも。

仮に食べられるようになり、胃瘻が不要になっても、一人暮らしをする上でのもろもろの判断ができないので、自宅に戻ることは、不可能だと思います。

が、本人は、帰る気、満々という。

いつもの親子の闘いが始まるでしょうが、も、今回は、妹にやってもらう予定。

もう、疲れましたよ。

病院の人 入院忘備録

GWも過ぎました。

後半、私は、有料老人ホームの見学に行ってきました。

介護付きって言うやつです。

2つとも、24時間、看護師がいるタイプ。

できれば、病院の人と、私が住んでる市内で探したかったのですが。

月々の料金がとんでもないお値段になります。

しかも、どこも、今は、満室と言う。

そこで、1つは、満室とわかったうえで、見学だけ。

もう1つは、市外のホームで、こちらは、空き室あり。

しかも、料金も、リーズナブル。

かなり心が傾いて、決めかけていたのですが。

どこにしろ、入居手続きに2~3週間、かかる。

今の急性期病院からは、退院してほしいと、言われているので、どこで、1ヶ月ほどを過ごしてもらうか。

大きな問題でした。

 

たぶん、GW明けに病院のケースワーカーから電話があるだろうと思っていたのですが。

今日、さっそく、電話をもらいました。

胃瘻設置をして、半月ほど。

病院の人の必要量が決まったこと。

それと、痰の吸引がほぼ不要になったこと。

などから、療養型病院が必ずしも、必要でなくなったとのこと。

そして、老健への入所が可能になったと言われました。

内科の先生も、推薦してくださったので、今の病院の老健に入れていただけることになりました。

 

実は、これは、本人では、ないのですが、私が一番望んでいたこと。

老健に入れていただいて、その間に、次の着地点を探そう、と。

だから、すっごくうれしかった。

 

妹から、病院の人が、「絶対に老健は、いや!」と言ってたと聞いていたのですが。

も、そんなこと、二の次、三の次。

いやだ、なんだと言われても、入ってもらう。

そう決めました。

 

午後、市内の別なホームの見学をしてきました。

私の家から、車で10分ほどかな。

こじんまりとしたホームでした。

料金的にも、いけそうで、家庭的な雰囲気でした。

華やかさとか、高級感は、ないけど。(すみません。)

なんか、いい感じのとこでした。

老健の次の着地点は、ここを第一候補にしよう。

そう思いました。

 

ちなみに。

病院の人に、近々、老健に移るよと伝えたのですが。

「あ、そう。老健に行けるのね。」でした。

どれが本心なんだ? 

病院の人 入院忘備録

GW前半の最終日。

中には、2日間の平日もお休みにできた方も多いのでしょうか。

私は…GWとは、ほとんど無関係な生活をしていますが。

 

最近、1日おきに病院に行くことにしています。

でないと、倒れそうになります。

自分の精神状態を保てない、と言うか。

 

今日も、のぞくと、看護師を呼びつけて、あぁだこぉだと文句を言ってました。

連休中で、人数も少ないだろうに。

ホント、申し訳ない。

看護師は、私の顔を見て、ホッとして立ち去りましたよ。

どれだけ、ひどい言葉を吐いてるんだろ。

 

「私、もうすぐ退院なんだって。」

そ、も、ここには、置いてもらえないからね。

「だから、家に帰ることにしたのよ。」

一人で寝返りもできない、立つこともできない。

だから、トイレにも行けない。

胃瘻なのに、自分で何もできない。

マンションなのに、20段以上の階段をどうするつもりなんでしょう。

「も、あちこち、たらいまわしされるのは、いやだから、家に帰るわ。」

で、どうやって、部屋までたどり着くの?

「なんとでもなるわよ。」

動けないくせに、どうするの?

「ヘルパーが来るじゃない。」

週に3日、70分ずつのヘルパーにどうしてもらうの?

「あんたが一緒に住めばいい。」

絶対にお断りします。

「私、も、生きてるのがいやなの。」

でも、胃瘻にすると決めたのは、自分でしょう?

「楽だって言うから。」

誰も楽だなんて、言わないよ。

 

どのくらいの量が入るようになったのか、知りませんが。

吸引は、しなくても、落ち着いているようです。

ということは。

ますます、引き受けてくれる療養型病院が減った、ということ。

 

妹は、まだ、有料老人ホームにこだわっている。

でも、こだわってるだけで、自分で探すとかは、一切しない。

別に、どこのホームでもいいから、あなたの家のそばにすれば?

病院の人の認知症が進んで、

「あの人の言うことは、も、信じない。」と言うくせに。

「この間は、こう言ってた」とか。

しっかりと信じて支持してるやん。

挙句の果ては。

病院の人が私に言ったことで、いい?  はぁ?

 

内科の先生から、「も、自宅は、無理です!」って宣言してもらうしか、ないかな。

病院の人 入院忘備録

雨の中、痛む膝を引きずって、病院へ。

午後に、胃瘻の手術をしてくれた内科の先生と会ってきました。

ケースワーカーも同席してくれた。

昨日から、お白湯を入れてみたけど。

40cc入れただけで、2~3時間おきの痰の吸引が必要になった。

今日は、少しマシ。

昨日の吸引回数を考えると、老健は、無理と言われた。

 

でも、国は、療養型病院をなくして、老健と一緒にする。

そう進めてるのに、吸引回数が多いと老健は、無理なの?

 

しかも。

療養型病院も、軽度から引き受けてくれるとこもあれば。

中度、高度でないと、受け付けないとこもあるとか。

軽度とは、胃瘻、普通の点滴のみ、1日数回の吸引。

中度は、1日8回以上の吸引。

高度は、それ以上。

軽度は、自宅で、往診医やら、訪問介護でしのげ!ということらしい。

しかし。

今の病院の人。

寝返りすら、自分で打てない。

トイレも、もちろん、おむつ。

しかも、なぜか、3時間おき?

胃瘻の後、座位が保てないので、逆流しやすい。

こんな、ほぼ寝たきりの人をどうやって、自宅で見ろと?

 

なら、軽度から、受け入れてくれる病院に入れればいいじゃん?となるけど。

ここは、ひどくなっても、追い出されないけど。

途中で出ていくのも、やめてね?らしい。

要は、終身。 看取りまでらしい。

 

叔母の時を思い出して、逆流すれば、吸収できないだろなと思う私に対して。

なぜ、そんな短時間で、なんでもかんでも、決めなくちゃいけないのか?と反発する妹。

この温度差は、日に日に、ひどくなってる。

 

ケースワーカーと電話で直接、話してみてくれ、と言ったら。

仕事で忙しい… らしい。

優先順位は、仕事の方が上らしい。

 

やっぱり、私には、理解できない。

病院の人 入院忘備録

昨日の午前中に、無事、胃瘻の手術? 設置?が完了しました。

胃カメラで見ながらの処置だったようです。

気に入らないと、病院でも暴言暴力の人ですが。

それを知ってる内科の先生。

「びっくりするほど、おとなしかった」とのこと。

いつも、本当に申し訳ないです。感謝しています。

 

叔母のときは、意識不明だったのもあり、痛み具合がわからなかったのですが。

腹筋に穴をあけるので、けっこう痛そうです。

部分麻酔だったのですが、それがまだ効いてる間も、すでに痛かったようで。

咳き込むと余計に痛むので…と、何度も説明して。

いつもは、口の中を湿らす口腔ケアのスポンジ。

今日は、チューチュー吸えないように、固めに絞って渡しました。

「もっと緩く絞って!」

と、言うたびに、同じ説明をして。

1週間もすれば、傷口が治まるから…と話しました。

さ、理解してもらえたのでしょうか。

「あの子、いじわるだから」…って思ってるのかも。

 

ケースワーカーは、胃瘻の調整後は、施設もしくは、療養型病院を勧めてくれていますが。

ほかの人と協調できない人であること。

それと、嚥下機能の回復は、むずかしい、ということ。

それならば、少しでも快適に過ごしてもらえるように、有料老人ホームを探そうと、

妹と話しています。

ただし、お金が絡む問題なので、理想的な場所が見つかるか、どうか。

しかも、胃瘻だけならず、痰の吸引もあるので、受け入れてくれる老人ホームは、かなり限られるかと思いますが。

とにかく、探しますよ。

 

納得できてない自分は、いるけど、前に進みます。

病院の人 入院忘備録。

昨日は、病院のケースワーカーと会ってきました。

今までの入院でも、お世話になった方。

色々、わかってくださるのが、今は、特にありがたい。

 

本人が決めた「胃瘻」。

妹が同意した「胃瘻」。

でも、私だけ、納得できていない。

たまたま、妹よりも多くの人を見送ってきただけ。

その中で、自分で決めていたこと。

「絶対に延命措置は、取らない」。

それは、自分は、もちろん、家族に不幸にして起こった場合も、そうしようと思っていた。

でも、「延命」という局面が見えた時、本人は、「延命は、しない」という決心を翻した。

私には、その局面になったことがないから、実のところは、わからない。

どんなに修行を積んだ高僧でも、「生きたい」と思うのかな。

それなら、それが、人間の本能なんだろうな。

 

妹は、まだ、意識がある人が目の前で衰弱していく姿を見ているのは、耐えられない、と言った。

でも、胃瘻をして、いずれ、体が栄養を受け付けなくなって、どんどん量を減らし、最終的には、水分だけになって…。

やっぱり、目の前で衰弱していくんだ。

それを私は、過去に見てきたんだ。

妹は、きっと会いに来なくなるだろう。

それでも、誰かが見送らねば。

たぶん、また、空しい思いを抱えながら、見送るんだろうな。

 

失われた嚥下機能が戻るのは、かなり難しいそうです。

ましてや、年齢を考えると、ほぼ不可能だろうと言われました。

好き嫌いが多いけど、たぶん、食べることにこだわりがある人なんだと思う。

胃は、膨らんでも、食べた気がしない。

誤嚥性肺炎や窒息の危険性大なので、口からは、何も入れてあげれない。

きっと妹は、逃げる。

私も、逃げたい。